2017/05/28

三次元少女設定の白狐ちゃん (^_^)


訪問してくださる方々と話すのもストレス解消

寝てばかりいると、あんまり書くこともないような感じにありますが、そろそろこの疲労感から抜け出してもいい時期じゃないかな、と思いつつあります。1週間以上経ったし。どうかな?そろそろ。寝ていてもあまり専門書は読めないし…。まあ昼間は眠らなくなっただけでもいいかなあ、と思っておりますが…。

昨日はヘルパーさんと一緒にヘルパー事業所の所長さんがこられて、手続きのついでにいろいろ話をしていかれました。私の場合、大抵誰とも話が弾むんですが、ヘルパーさんも所長さんも同世代なんですが、意外とそういう世代的な話はしないもんだなあ、と思いました。主婦視点とか、仕事の関係のヘルパーさんとユーザーな感じ??

でもそれなりにストレス解消にはなるみたいですね。最近はあまり電話で話す機会もないし…。おしゃべりは女性のストレス解消の大きな要素にもなりますが、やっぱり必要なんだなあ、と感じます。私はそれでもブログやSNSで発散している分、ましだと思います。職を持つ人などはまだしも、家の中にこもっていて昼間は誰とも交流がなかったらおかしくなるよね、きっと。

あああ…。外に出て行くのは好きじゃないし、直接会って話すのもそんなに得意じゃないけど、コミュニケーション障害はおそらく私には無縁だろうな、と思います。見ず知らずの人といきなり親しくなる母ほどの特技はありませんが…。

そういうことを思ってしまった昨日でした。



三次元の少女設定白狐ちゃん


難しいことを考える頭の状態じゃないので、ドール写真です。

「白い水干が欲しいけどない」とつぶやいていたら、十二単を縫われた和裁士さんが「私でよければお作りしましょうか?」というものすごくありがたい申し出をくださったので、お言葉に甘えることにしました。

絵のそのままに縫っていただくのは、いろいろ難しいところもありまして、結局、布の写真だけ確認してあとはお任せしてしまいました。今回もまた布代だけのような価格で仕上げてくださって、申し訳なくもありがたかったです(^_^;)

an-byakko1s.jpg

an-byakko2s.jpg

an-byakko3.jpg

耳と尻尾はフェイクファーを買って自分で作りました。
なんでもやってみるもんですね。フェイクファー生地の扱いもこれでわかりました。結構大雑把に縫っても問題無し!サイズもものすごく適当に作ったのに、装着してみたらぴったりでしたo(^-^)o 

これもオークションで見かけたら水干よりもお高い値段がついていたから、作らないと損ですね。磁石とかじゃなくて、ピンで留めていますが。

an-byakko4s.jpg

an-byakko5s.jpg

an-byakko6s.jpg


いつもなら背景は切り抜いて合成するのが多いんですが、このファーと白い髪の毛を切り抜くのは至難の技だと思って、今回切り抜いていません。黒髪とかだったら楽だけど…。仮に黒い背景にしても無理だと思います。細かすぎてね。

an-byakko7s.jpg

an-byakko8s.jpg


仕方がないから背景布をそのまま生かします。背景布3パターンほど使っていますが、やはり金色が一番無難かなあ、ということで…。多少ぼかしだけはかけました (^_^;)

an-byakko9s.jpg

an-byakko10s.jpg


草履がないので、SD用の普通のサンダルに布をかぶせて草履風に…。袴がかぶさって金具とか見えないから…。

an-byakko11s.jpg

an-byakko12s.jpg



絵では水干の裾を袴の中に入れてますが、生地がそこまで薄くないし、尻尾をつけても隠れないし、これはこれでよかったと思っています。衿の紐をぐるっと回して前で結ぼうと思ったけど、左右の長さがちがってくるので、これも諦めました。

an-byakko13s.jpg

an-byakko14s.jpg


あー、でもこれで少女設定の白狐ちゃん完成だなあ…。感無量です。


an-byakko15s.jpg


この子を箱から出した時、是非とも着せたかったのが千早込みの巫女さんスタイルと、十二単と白狐ちゃんだったので、全部叶っちゃったよ…。すごい嬉しいよ~♫ この先なにを目的にしようかなあ…。綺麗で可愛いものに癒されると、ちょっとずつ元気が出てくるような気がします。

次はお絵描きですねo(^-^)o

an-byakko16s.jpg




関連記事
スポンサーサイト