2017/05/16

なんでもないことがとてつもなく幸せだと思う


特養の壁が華やかになりました


母のところに行ってきました。

かなり時間をかけてステッカー貼ったけど、途中までサンプルどおりで
やがて面倒になって、アレンジしています。

kabekazari1.jpg


アレンジすると決めた途端、こういう作業も楽しくなるから不思議。
(料理も途中からアレンジしてるのに楽しくならないのが不思議)

私は壁を向いて作業してたけど、後ろで世話してくださる看護師さんが
「あれ?しなこさん、泣いてるの?」と言われてたんで、
喜んでくれたのかな?と。

こんなことで喜んでくれるなら安いものです。

また飽きたら別のデザインに貼り替えるよ(^_^;)
こんなことでいいのなら、いくらでもしてあげるよ。

コンセントまわりには犬と猫。

kabekazari2.jpg

kabekazari3.jpg


姪からの嬉しい知らせもあって…(^^)


郵便局に寄って帰宅したら、姪からのメールが入って、無事に荷物が
届いたことと、お腹の赤ちゃんは女の子だとか予定日の詳細とか
いろいろわかってとても嬉しいです。(上は男の子です)

返事の携帯メールを打っているうちになんだか
「どうしよう、私すごく幸せだ」
と思ったら、涙が出てきて、いまだに止まりません。

これだけの平凡なことなんだけど、いまの私には非常に
幸せだと感じるのです。

いろいろ感動のかたまりみたいになっているな、と思います。

昼ごはんまだだけど、いいや、しばらく泣いていようと思います…(^_^;)




関連記事
スポンサーサイト