2017/05/16

限定されたエネルギーと時間は有効に使いたい


フォトブックが出来てきました (^_^)

このあいだからごちゃごちゃやっていたドールのフォトブックが出来てきました。

photo-book1-2.jpg


なぜかトレーに入って配達されてきました。144ページ、1センチくらいの厚みがあります。


photo-book2-2.jpg


高級なカラー印刷ほどじゃないとしても、そこそこ綺麗な印刷&製本で、これで1,000円ならすごくお得だと思います。希望の場合は一度に100冊くらいなら作ってもらえるようなので、ちょっとしたイラスト集の制作も可能ですね (^_^) これが確認出来ただけでもよかったです (^_^;)

本当に趣味のドールフォトなので、あまり関心のある方はいらっしゃらないと思いますが、もしもいらしたら1,000円+送料1,200円でお分けできますので、どうぞ (^_^;) 半年はデータが保存されているそうです。

しまうまプリント


少ないページ数で、ハードカバーですととっておきの写真にしか使えないので、こういう気軽なフォトブックの存在はありがたいなあ、と思います。

写真がたまればきっとまた2冊目も作ると思うし、それこそお手軽なイラスト集もいいなあ、とか思っております (^_^;) あー、私ってこういうことをしているとすごく幸せなんですよね。「本を作る」という仕事が好きなんだろうな、とも思います。本の装丁とかも…。本にまつわるあれこれが好きなのかもしれません。




限りあるエネルギーは優先順位をつけて使う


双極性障害になってから、自分が使えるエネルギーには限りがあることを痛感し、つねに物事の優先順位をつけながらそれをこなすことを実行してきましたが、そのおかげで、本当にどうでもいいことはいさぎよく切り捨てる覚悟が出来るようになりました。

自分にとって、本当に大切なものだけが残っていくんだなあ…。このブログなんかもそうみたいですよ。相変わらずお金にはなりませんが… (^_^;)

一昨日、久し振りに姪っ子に手紙を書いて、昨日はやはり久し振りに友人に手紙を書いて、本当はかなり優先してもいいはずのことがなかなか出来なかった、ということをちょっと反省しました。

なんとなく、私にはそんなに長い時間が残っていないような気がします。つまりやりたいことがやれる時間がね。これは両親を見ていてもわかりますね。父は75歳で脳梗塞になりましたし、母は79歳で倒れてますし…。まあ、私は別に心房細動や心不全とかはありませんが、そこは生身なので…。

もう、出来ればこの先には確実に「実がなること」しかしたくないのが本音です。年齢から言ってもすでに「お試し期間」なんていう無駄なものはありませんし。

本当にやりたいことと、確実に成果があること(これは死んでからわかることでもいいのです)を最優先にやりたいと願っています。それと家族のこととね。ナンバーワンはもちろんお絵描きですが。

ブログはいまのペースで続けていけたらいいなあ、と思っています。いつかきっと誰かの役に立つような記事が残せたらそれでいいかなあ、と…。



このごろ、妙に残り時間の限界が頭から離れないので、まあ、一種の予感のようなものかしら?とも考えておりますが…。ゴールから振り返った方が大切なものがわかることもあるので、そういう時期なのかもしれませんね。



では。これから母のところに行ってきます。


52e2da51a1b6a97de0f70debefa7b424_s.jpg




関連記事
スポンサーサイト