2017/04/24

クリエイティブな人生


今日は行けたら母のところに行こうかと考えているので、予約投稿しておきますね。
お昼過ぎにネットスーパーの荷物が来るから、ばたばた帰ってこないといけませんが…(ーー;)


私の絵は名刺になっているらしい(^_^;)


先日、Facebookで双極性障害の人たちの新しいグループに入って、ついでにFBのプロフィール画像を加工した写真から、ここと同じ白狐ちゃんに変えた途端に私だと気付いてくださった方がありました(^_^;)


C-FzG4vVYAAVboS.png


「あれ?わかりましたか?」「わかりますよ。名刺みたいなもんですよ(^_^;)」とのことで、私の場合は絵が「顔」になっているようです(^_^;) 旧知のお友達もこれのほうが私らしい、と言ってくださるので、もうこの子は私の代理ということにしておこう(^_^;)

そうしたら、またなにかやりたくなってきて、まず、自分の写真のかわりにこのカットを入れた名刺を作りたくなりました。まだ在庫(?)たくさんあるけど、いずれやってみたいなあ…。

それと缶バッジとか作りたいなあ、とも思ったり…。自分で加工するんだったらハメパチというやつで、ストラップも作れますね。円形のものなら、それこそ有職文様でストラップ作れるなあ…。うちのプリンタが濃く出ないのが難儀ですが…。もしかして、コンビニでそういうプリント可能なシステムとかあるのかなあ?一度調べてみないといけませんね〜。

すぐに投げ出すことが圧倒的に多いのに、「なにかを作る」ことに対してはすぐ熱しやすいタイプだと思います。いいのか悪いのかわかりませんが…。

でもこういうことを考えていると、すごく行動的になるんですよね。作業も速くなったりしますし…。

「こういうの作りたい」と考えているのがすごく楽しいのです。少なくとも落ち込む暇がないと感じます。このあいだ「お絵描きの神様が降りてくれない」と嘆いていましたが、あの時は普通の人はそうじゃないと思いますが、私にとっては相当深刻でした。なんだか普通とずれてるけど。

もちろん、のろのろとではありますが、絵も描いてますよ。まだこんなところですが…。


170423-0002.png

170423-0003.png



「作ること」はとても楽しい


「ものづくり」というのがすごく楽しいのは、ご先祖の中の職人だった人たちの気質が残っているのかな?祖父は腕がいい軽金属加工の職人でしたし、曽祖父は人形師だったそうですし…。(ふたりとも貧乏だったらしいけど)

私もなにかしら、「作る」ことがすごく好きです。料理以外。料理も嫌いじゃなければセンスはあると思いますが…。でも嫌いなのが致命的〜(ーー;)

手を出したくなるのはやはりハンドメイドの方で、ちゃんと習った洋裁も、母の服や自分の服はブラックフォーマルからコートから華やかな方のフォーマルまで全部作ったんですけどね。(弟の結納や結婚式で着ました)アルバイトで人様の服も縫わせてもらったけど…。でもそれも今は出来なくなってしまいました( ; ; ) テーラーカラーのスリーピースまで作ったのにね…。

手編みもやってましたよ、療養中に母に習って。かなり凝った模様編みのモヘアのベストとか、友人にプレゼントしましたし…。いまでも覚えているから、セーターくらいは編めると思う。ゲージの出し方もわかってるし。…でも、それもいまは気力が続かなくて本当にダメなんですね…。

…考えてみると「昔はできたのに、いまは出来無くなったこと」っていっぱいあります。ありすぎる。…でもそのかわりにPCまわりのことで出来るようになったことも多いから、やっぱりプラマイゼロかもしれません。きっとなにかの形で「ものづくり」できていればいいんだと思います。

…それがいまはお絵描きとブログなわけですね。…まあいいか。欲張っても仕方がないわ〜。



クリエイティブな人生


流されるようでいて、ひとつひとつのことを自分で決めてきているから、自分の人生もそれなりにクリエイトしている気はします。1日1日を機を折るように。(実は機織りもやってみたいんだけど、必死でストップかけてるんですよ〜(^_^;))織糸を飛ばしたり、手抜きしたりして、完成したものがぐちゃぐちゃにならないように、それなりに頑張ったかな、という気はします。

才能とかそういうのがなくても、私は多分気質がクリエイターなんじゃないかと思います。「作る」ことで安定する感じ、かな?

実際に私に「絵」がなければ、いままで生きてこれたかな?と正直に思います。それだけ私の中のメインを占めるものなのですよね。もはやお金にもなににも換えがたいもの。描けなくなったら生きてる意味はないかもしれません。

でも自分の人生にそういうものがあることがとても幸せだと思っています(^^)




ちなみに白狐ちゃんは現在3、4歳の幼児の姿になっていて、言葉は喋れないけど、自分が好きな人に肩車してもらうのが気に入っているようです。(絵に描きたいけど、描く余裕がないから諦め中の私…(ーー;))



65fdb2add3dd1d05d3ce304a3b4662ca_s.jpg




関連記事
スポンサーサイト