2017/01/02

「自分であること」を頑張る自分が好きです


過去記事の整理で当時を思い出す


11年前の父の入院と介護の記録(このブログの該当部分)を読み返していると、その当時の私はまだ単極性のうつ病だと診断されていたわけですが、日々大変で、泣きたいにも関わらず、精神科の先生に泣きつきに行こうか?とか悩みつつ、それでも日々出来ることを地味に頑張っていました。


もちろんしっかりお絵描きもして、それで癒されていました。なおかつ母や弟の精神安定剤にもなっていたようです。いまと変わらん(ーー;)


11年前の自分の頭を撫でてやりたい気分ですが、おそらくこの調子で10年先もやってるんだろうな…。11年経ってもまだ頑張ってるんだ。

長女は辛いね。でもきっとこれが今生の課題なんだと思う。

何度も絶望しながら、それでも頑張ってきたのは自分でもすごい、と素直に思います。地味に地道に、目の前の出来ることをこつこつと。でないと先も開けないと思うし…。

このことは現在の大きな自信の源にもなっています。自分の病気にも負けずに在宅介護をまったく悔いを残すことなくやり遂げた、という大きな事実と自信です。

これから先も、諦めるな。頑張れ自分(^_^;)



このブログ、似たようなテーマで興味深かったです。

自分を愛さなくても、他人を愛することはできるのか?




キャラクターイメージの展開


さっき、ポートフォリオの表紙を作り直して、自分のイメージの源泉に触れておかしくなりました。おおもとは同じなんですよね、これも。きっとこの先も変わらないだろうな、と思います。


私の道標。いついかなる時でも。


cover2017.jpg


inariaki.jpg


15kamiokuri-anjumai.jpg


15kamiokuri-byakkotobu.jpg


15kamiokurinokaze.jpg


15hatsuyuki.jpg


byakko-stamp.jpg


inarianju.jpg




関連記事
スポンサーサイト