2016/07/01

本日、半夏生だとか


今日は半夏生だそうです。


ごめん、それだけ (^_^;)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも。様々な地方名があり、ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウなどと呼ばれる。
七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが[2]、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる。
この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多い。地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言う。

ーーーーーーーーーーーーーーーー Wikipediaの記述ですが。


k07hangeshou.jpg


昔の暦はややこしいね (^_^;)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

To ばくさん

退院おめでとうございます (^_^)
いやー、いきなりで驚きました。もう大丈夫でしょうか?

もしかしたら、心身ともにゆっくりと休養出来る機会になりましたでしょうか?

こういう暑さの中ですので、くれぐれもご無理はなさいませんように、
まだまだお気をつけくださいね〜 (^_^;)

全夏の東京より

お久しぶりです、ばくです。

夏の暑い中、エアコンが効いた入院先から帰ってきました。

私の体調が優れないさなか、温かいコメントを下さり、大変ありがとうございました。ようやく、こちらのブログに足を運べそうです。なんと嬉しいこと(^^)

これからもはるうさぎ様の記事を拝見させていただきます、よろしくお願いしますね。

どちらかというと、お姫さまよりも宗教関係者だったのかな?とか
思うことはありますね。あんまり俗世に縁がない点では大差ないですか (^_^;)

次に生まれ変わるなら、今は動きたいように動けないので、
出来ればもっと心身共にタフで、人のために動ける人間になりたいですね。

生まれ変わり卒業出来たらベストですが… (^_^;)

前世はお姫様♡

きっとはるうさぎさんは、
前世では、
御所に住む、
お姫様だったのですよ(笑)。
どの絵も、この絵も、
ガチで生々し過ぎる。

本当に、
平安京か平城京、
あるいは飛鳥時代に生きた人が、
自らの記憶をたどって、
過去の世界を描き出しているようです。

靑丹良し―奈良の都でなくとも、
当時の風景は、
装束も含め、
今よりもずっと鮮やかでした。
朝鮮半島からの影響でしょうね。

カルマの法則は、
人間の人格的バランスを取るのが目的だと言う。
かつて物凄いお金持ちに生まれ、
金銭的には何不自由なく暮らした人が、
これではいけないと、
今世では、
ド貧乏の家に生まれたり、
かつて乞食だった方が、
今世では大金持ちになったりと、
そういう事を、
読んだ事があります。

良かったですね。
今世は苦労ばかりかもしれませんが、
この苦労に耐えて人生を全うされたら、
今度生まれ変わられたら、
大金持ちで健康に恵まれ、
「介護って何?」という、
幸せな人生が待っていますよ。
無宗教の私が言うのも変ですが、
はるうさぎさんが、
お母さんやお父さん、
弟さんにしてあげたことは、
決して無駄になりませんからね。(^‿ ^)