2015/06/30

豊かな色彩世界への興味は尽きない

相変わらずのしんどさで、寝ようか寝るまいか、うだうだしている本日ですが、なにしろやる気はあるから、横になるのもすごくもったいなく感じてしまっていけないですね。起きていれば多少なり出来ることがあるだろう?と思ってしまうので… (ーー;)

休むのが下手だと自分でも思います (ーー;)




昨日はなんだか別の話題から発展した話で、私が興味を持ってしまったこと…。
それはやはり「色」の話でした。

同じ色でも、地球上にいる場合、緯度によって、太陽光の色温度が違うので、「最も映えて美しく見える」色が変わってくるということですね。

この話は相当昔に、テレビ番組で日本国内でも地方によって、微妙に町並みの色合いが違う理由について調査されていたことがあったよなあ、と思い出したんですね。

狭い日本ですが、緯度で言うと、沖縄から北海道までかなり広い範囲にあるとも言えます。その町並みの色は東京と大阪でも違ったりする、というのが非常に興味深く記憶に残っていたのでした。



色温度とはなんぞや??

「色温度」

これで思い出すのが宇宙の星の色ですね。生まれたばかりの若い星は温度が高くて、青っぽい色をしてますし、赤色巨星なんかは老年期の星で低い温度になっているものですね。太陽なんかは白に近い黄色かな?

で、ここのコラムに「太陽の光の色が変化して見えるワケ」という面白いことが書かれています。

図も入っているのでわかりやすいですね (^_^)



それでいきますと、やはり原色が一番映えて綺麗に見えるのは赤道直下なんですね〜。彩度の高い色がとても映えるわけです。

日本や中国や韓国あたりは緯度が近いので、よく似た感じの色彩が伝統色にも見受けられます。いくらか彩度が低めで、落ち着いた感じがする中間色。日本はとりわけグレイ系統の多彩が際立っているようにも思えます。

緯度が同じ国は世界中にありますが、そこにそれぞれの文化や歴史、宗教的な要素が加わって、多くの人に好まれる色彩イメージが出来ていくのかな?と思いました。

面白いですね〜。同じ服でも、どこで着るかによって変わってくるんだな。

ファッションやそういう仕事をしている人はこういうことも常に研究しているのだと思います。

私もすごく面白いと思いますが、こういうのって日本だと色彩検定とかになるのかな?資格は関係なしに「色が好き」というだけで勉強してみてもいいかもしれないなあ、と思います (^_^;)



…ほら〜。なんかやる気はあるんですよね。ただ身体がついてきてくれないのがひどくもどかしいのです。体力のなさがすごく悔しいです (ーー;)



150630-0001.png


スポンサーサイト
2015/06/30

06/29のツイートまとめ

haruusagi_kyo

LINEのスタンプ「白狐ちゃん」販売中です。水干着てるけど女の子です。お稲荷さんのお使い狐です。可愛がってください。http://t.co/V6EPgmqyeZ 拡散希望 http://t.co/JVhSg4AgeV http://t.co/AZlRe7uv9P
06-29 06:23

2015/06/29

あきまへん、のびてます (ーー;)

寝起きの気分が最悪で、もう今日は本当に起きたくなかったです。

down.png

でも自分以外に誰も家事をやってくれないし。かえって自分一人の方が楽でいいなあ、と思いつつ。

なんとか頑張ってカレー作って、その後に100円ショップに買物にも行きましたが、途中で倒れそうになりました (ーー;) もう、どうしてこんなに動けないんだろう?と思います。体力が続かない。



同じ病気の人でも、結構何キロも歩けたり、自転車でかなりの距離を走れたり…という方々もいらして羨ましい限りです。私はどうしてこんなに体力ないんだろう?? やっぱり介護が10年くらいになってしまうとこうなるのかなあ??

デスクワークはかなり気力でカバー出来ていますが、それでもあまり頑張ると必ず反動は出ます。



身体は動かないのに、精神的にはやや高め安定をキープしている感じだし。なにをどうして寛解といえるのかもわからない気がします。

仮に、今、そとで働いて来なさいと言われても、まず無理です。いいところ1日3、4時間程度。それでも外でやっちゃうとまたご飯は作れなくなりますね、確実に。

週に5日、休まずに続けるのもまず無理です。仕事と家事は両立出来ません。それくらいいま現在体力がない自覚はあります。この体力がないうちはやっぱり治ったとは言えないのかもしれないなあ、と思ったり…。

ちょい高め安定のメンタル部分を身体のしんどさが邪魔している。少なくとも健康な人はこうじゃないよね。

きっとまだ無理なんだろうな…。



そういうわけで今日もまた寝たり起きたりしていると思います。

書きたかったことなんか全部忘れてしまいました… (*-д-)-з


150629-0002.png



2015/06/29

06/28のツイートまとめ

haruusagi_kyo

LINEのスタンプ「白狐ちゃん」販売中です。水干着てるけど女の子です。お稲荷さんのお使い狐です。可愛がってください。http://t.co/V6EPgmqyeZ 拡散希望 http://t.co/JVhSg4AgeV http://t.co/AZlRe7uv9P
06-28 06:25

2015/06/28

しんどさがもろもろの邪魔をする (ーー;)

実は今日もあまり体調がよくありません。

精神的には落ちていないんですが、なにしろ身体がひどくしんどい。

頭痛もあるし、その他いろいろな不調もあって、
ご飯も作る気力がないから、お弁当屋さんに届けてもらおうかと考えています。

あとはやっぱり寝たり起きたり日になりそうな…(ーー;)


ちょっと続けて頑張ると、そのあとで反動が来るから情けないなあ。
やる気はあっても身体がついてきてくれません(ーー;)

私の場合はうつよりもいつもこのパターンだよなあ…。
このしんどさがいつも邪魔をします… (*-д-)-з


2015/06/28

06/27のツイートまとめ

haruusagi_kyo

パソコンでフォトブックをつくりました! | フォトブック・フォトアルバム 500円 TOLOT http://t.co/m0jYEk5fRO 2016年スケジュール帳作成中です。お試し個人用。 http://t.co/06WbqNwyzR
06-27 18:20

LINEのスタンプ「白狐ちゃん」販売中です。水干着てるけど女の子です。お稲荷さんのお使い狐です。可愛がってください。http://t.co/V6EPgmqyeZ 拡散希望 http://t.co/JVhSg4AgeV http://t.co/AZlRe7uv9P
06-27 06:43

2015/06/27

嬉し泣き 元気が出る薬 (^_^)

母のところに行ってきました。

いままで、過去のパターンで、予告も連絡もなしで、早朝にいきなりチャイムが鳴ったら、玄関に立っていた…というのが普通だった甥と姪のこと。今回は家族連れなだけに前もって知らせてくれて、途中でもメールをくれただけ上等でしたが…。

「今、着いて、近所のファミレスにいる。ご飯食べたらおばちゃん迎えに行くね」と言うから、予約していたタクシーもキャンセルしました。

で、「お昼がすんだから、ガソリン入れて行くね」というから、用意して表でぼーっと待っていたら、近所のおばちゃんたちに「何事?」と聞かれるし、「姪が来るから、一緒に母のところに行く」というと、おばちゃんたちも「Mちゃんに会いたい。子供さんにも会いたい」と…。

やっと来たなあ、と思ったら、元義妹(弟の元妻のことです)Yちゃんも一緒でね。初めましてのご挨拶やら久しぶりのご挨拶やらでしばし玄関先が混乱。近所のおばちゃんたちもそれぞれに懐かしく尋ねてくださるし、弟も呼んできて、姪の夫と子供との初めての挨拶とご対面になるし…。なかなかすごかったです (^_^;)



で、私は一緒にワゴン車に乗せてもらって、母のところへ…。デイサービスの時間帯とずれていたので駐車も出来ました。母のところに行くと、もう母は喜んで泣くし、特に思い出がたくさんあり過ぎるYちゃんとは二人で泣いてるし。私ももらい泣き。十数年、家族として一緒に暮らしたというのは大きいものがありますね。

おばあちゃんとひ孫。

himago.jpg

やっぱり私が一人で行く時とは全然反応が違うな。当たり前か。ひ孫に会えるとは想像していなかったと思います。もちろん孫に会えたのもYちゃんに会えたのも嬉しいでしょうが…。

母は人の顔と名前はしっかり覚えていますね。その部分ではぼけていないようです。ちっちゃい手ともしっかりと握手しているし。1時間ほど部屋にいましたが、母が疲れたようなので、スタッフさんにお願いしてベッドに移してもらって、ひとりずつ握手して帰ってきました。

私はタクシーでいいよ、と言ったんですが、うちまで送ってくれたので、今日はスーパーにも寄れませんでしたが…。まあ、いいかあ。私も結構疲れたし。

今夜はホテルに泊まって、今日も空き時間にそれぞれの友人や知人に会うのだそうです。


姪の夫のゆうすけさんは9月から半年間、八王子の学校で救命救急士の資格を取るための勉強だとか。国内では八王子と九州にしか学校がないような話でした。



そういえば姪と私が写真を撮ろうとしたら、「あれ?同じカメラ?」ということで、撮った写真ってどうやって確認するの?と、その場で姪に教えてもらいました (^_^;) とことんマニュアル読まなくてもいいようになっている感じです (^_^;)

おみやげもらった。信玄餅飴バージョンがあるのを初めて知りました。

miyage.jpg



ああ、でも今日はまた疲れたから早寝することになると思います (^_^;)




2015/06/27

なんか変だなあ?? PCとスマホユーザーとの待遇の差はなに??

以前から私、TOLOTというところでミニ画集を作成しております。もともとはフォトブックの会社です。が、今、映画作品とタイアップしてエンディングノートの企画をしていたり、いろいろと工夫次第で面白いものが作れます。

サイズは文庫サイズ均一で全64ページという枠があります。でも内容は著作権に触れなければほぼ自由だと思います。デジカメで撮った作品をいちいちプリントアウトしなくても簡単にまとめて作れるメリット、しかもワンコインの500円、というリーズナブルさは利点だと思います (^_^)

で、作成のために使えるのはPCとスマホがあります。スマホでも編集が可能、キットもあるし、というお手軽さも受けていると思います。

それでも見開き画面の作成のためには、やはりPhotoshopが必要で、当然PCも必要になります。そのためのテンプレートも用意されているので、作るのも楽です。



ところで。ここで作成したフォトブックは「販売してはいけない」という決まりがあります。なぜだろう??マージンをつけて販売するのではなく、たとえば私のお知り合いが「欲しい」と言ってくださったとします。それを私が作成して、無料で差し上げるのはいいのですね。きっちり500円いただくのは駄目らしい…。なぜだ??

そのくせスマホのユーザーであれば、PCと連携させて、「みんなも注文」というものがあります。一度作ったフォトブックを「私も欲しい」という人があったら、注文用のページをパスワードが表示されて、一定期間、その他の人も自由に注文出来るそうです。

Q.ブログやSNSにパスワードを公開してみんなが注文できるようにしても良いですか。

A. 作品集や写真集などをみんなに注文してもらいたい目的でこの機能をご利用いただくことは問題ありません。


これって期間販売とどこがちがうんですか?同じじゃないの?



どうしてスマホだけでしかそれが出来ないのか?と思ったので、当然私は直接質問しました。「前向きに検討したい」旨の答えが帰ってきましたが、なんだかそれが実現するまで私は釈然としないと思います。

私の知人にはガラケーしか使わないという人も少なくありませんし、なによりも自分がスマホを持っていないので、なおさらこの差別っぽい扱いが頭にくるわけです。

早急に「PCもしくはガラケーからでも注文可能にして欲しい」という要望を出しました。ちゃんと実現させてくれないと納得出来ないなあ、まったく。



150627-0001.png


とりあえず、来年のスケジュール帳の原稿は作りました。まずは自分用の。間違いがなければ、近しい人に差し上げる分だけでも作ってみたいと考えております。

(基本、暦だから、何度も見直したけど、間違いが出てきそうで怖いです)

150627-0002.png

150627-0003.png



もうじき出掛けます。ではでは… (^_^)




2015/06/26

体力が続かないからもどかしい… (ーー;)

ちょっといろいろ頑張り過ぎた反動で、しばしダウンしてました (ーー;)

頑張りが長く続かないところが健康な人とは違うのかな…。

やる気はあるんですが、いつも身体の方が先にダウンしているもどかしさ。



明日は特養で姪っ子と会う約束があるので、お昼過ぎくらいに出掛けます。

明日もちょっと休みがちになるかもしれません。


2015/06/25

「孤独力(ソリテュード)」が持つパワー

このあいだからずっと頑張って描いていた作品がやっと完成しました (^_^)
早速、自分のサイトにもあげてきたので、よければ見てやってくださいませ。

もともとのコンテストの先のFacebookのグループとpixiv&TINAMIにも上げてきました。

こういうことすると、サイトに直接きてくださる方の人数が減るんですが、まあ、見ていただく分にはいいかなあ、と… (^_^;) 画面構成の理想はやっぱりサイトにあるものです。そのために毎回の素材まで作っているくらいですから…。

本来は一番見ていただけると嬉しいのがサイトなんだよね…。贅沢言ってはいけませんが… (ーー;)




ここしばらく取り組んでいる「孤独力」というものについて。

お絵描きしている時は本当に寝食忘れるくらいなので、私には至福の時間なんですね。だからいくら時間があっても足りないと感じるし、あっというまに過ぎてしまうようにも感じます。忙しいといえば忙しくて、寂しさを感じている暇もありません。むしろ幸せです (^_^)



きのうたまたま見つけた記事が面白かったです。

「テストでわかるあなたの孤独力チェック
あなたはひとりを上手に受け入れられますか」




試しにチェックしてみたら、私は21個チェック出来ました。「個独力(ソリテュードっていい言葉だな)極めて高い」部類に入るようです。そうだろうなあ。一人上手の自覚があるくらいだもんね (^_^;)

要するにこれは「個の人間」として、どこまで自力で立てるのか?自分のことをどこまで自分で決められるのか?責任が果たせるのか?というようなことを前向きな視点で考え直していこうという感じで、大人としての成熟にも意義のあるテーマだと感じています。

個々が自律した人間だと、お互いに助け合ったり協力しあっても過度の依存にはならないのですよね。ソリテュードのある大人同士だと、邪魔をすることなく、ちょうどいい加減での相互依存が可能だと思います。


一人でいること、一人の時間が思索を深めるのも事実ですし、私はそれゆえにテレビも駄目な時が多いですし…。

一人の時間に楽しめる趣味があること、ひとりでも出来る仕事があること、充実していて幸せですよね (^_^)

やっぱり私は基本的に一人の時間が長くないと生きている気がしないほど疲れる可能性がありますね。そもそも一人が苦手で寂し過ぎる、とか思う人は生涯シングルでいる選択もしないかな。

でも結婚したって必ずしも、子供が持てるわけでもないですし、パートーナーの単身赴任だってありえるし、病死や離婚だってあり得るし、なにがあるのがわからないのが人生ですから、基本的に一人でも「自分のことは自分で出来る」という自信があった方が心強いですよね。

病気の時とかは仕方がありませんし、そういう時に助け合える友人がいるのは幸福なことですが…。でも「自分で出来るから」という自信があれば、凹んだ時でも案外立ち直ったりするのにも役立ちそうな気がします。

それに、世の中の人が基本的にひとりひとり、みんな頑張っているんだなあ、と思うと、すべての人に対して優しくなれる気がするんですよね。お互い様の世の中ですからね。


このブログのシリーズ、どれもすごく面白そうなので、時間がある時にゆっくり読んでみたいですね。