2013/08/31

諦めが必要不可欠な病気

ここ1週間ほど、ネットもほとんどほっぽって、フォトブック形式の作品集を作るべく、地味な編集作業を続けておりました。地味ですが、自分で「向いてる」と思うだけあって、こういう作業は飽きることがないんですよね、不思議なことに。

エディターソフトの扱いは難しくありませんが、やはり文字の微調整が出来ないことが不便。オブジェクトというか、レイヤーの順序を自由に変えられないのも不便でした。(いちいちコピペしないといけなくて)

そんなこんなで、2冊分、トータル170ページの編集が出来たんですが、見直しているといくらでも微修正したくなってくるのですよね。他人様の原稿ととかならこんなに迷わないと思うけど、やっぱり自分の場合は、同人誌時代からそうでしたが、「ここをこうすればよかった」とか「あそこはああすれば…」とかって、印刷ができて本が完成してもえんえん納得出来ずに悶々とするというパターン… (ーー;)

「これでいい。満足」とか思った時点で進歩も止まってしまうのかもしれませんが… (ーー;)

…ゆえにもう2,3日くらい時間をかけて見直してから発注しようと思います。







そういえば、ぼちぼち秋物の通販カタログが届く季節になりました。分厚いカタログを見るのも気力が必要なので、このごろあまり見ていませんが…。

ものすごく実用的で絶対に必要なものがあるにはあるんです。…が、それはこういうカタログには載っていません。

なにかというと冬物のニットのカーディガンなんですよね。並太毛糸で編んだ真冬むきのカーディガン。
身幅も丈もゆったりしていて、純毛だと洗濯が大変だし、毛混くらいかな。多少の毛玉は諦めるとして、市販のものに多い馬鹿みたいに長すぎる袖と身丈はやめて欲しい。全然家事むきじゃない袖。深めのVネックで、飾りの縄編みが入ってもいいなあ…。

そういう条件を満たすことを想像しながら、先日楽天で毛糸玉を見つけたですよ。
色も好みのがあった。で、買おうかどうかとかなり悩んだ。昔の私なら仕事に行きながら、暇ひまに編む気力が充分にあったけど…。姪っ子にあみぐるみ数体作ったりもしたけど…。手編み自体は高校生の時からやってたけど。友達にプレゼントしたこともあったけど…。


…じっくり考えて、今現在の私に、完成までの気力があるか?と自問自答したんですが、非常に厳しい現実ながら「とても無理」だと思いました。

こういうささやかなことでも諦めないと駄目なことってあるんですね。…がっくり… (ーー;)



そういえば父の在宅介護が終わった時に「もとの状態に戻るまでに(疲労感が)介護に費やしたのと同じくらい年月がかかりますよ」とケアマネさんに言われたのですが、10月でそれと同じ時間経過してしまうなあ…。楽になるどころか逆にしんどくなってるし。
「もとに戻れる」のはそもそも元気だった人の場合なのかもしれませんね…。

この持病はとにかく「諦めが必要不可欠な病気」なのだと思うしかないようです (ーー;)







スポンサーサイト
2013/08/31

2013年08月30日のつぶやき













2013/08/30

2013年08月29日のつぶやき

























2013/08/29

地味に準備中イラストブック

自分のためだけ…とはいえ、フォトブックの編集作業って意外と手間ひまかかります。まあ、それだけ作品数もページ数も多いから当然かもしれませんが…。

専用のエディターをダウンロードして使うのですが、文字入れがいまいち不自由です。回転や反転は出来るけど、IllustratorやPhotoshopみたいにルビを小さくしたり、字間を詰めたりとかも無理… (ーー;) プロ向けのソフトじゃないから無理ないか。もういっそ、ルビはなしにしようかなあ…。その方がすっきりするかもしれないですし…。

春と夏の巻をひとまずまとめてみたんですが、もしかしたら小さなカットがあってもいいとか、いろいろ考えてしまうので、納得出来るのはいつのことやら…?? (^_^;)

まあ、決して安価じゃないものですし、時間をかけてやります。

メーカーのサイトにはお客さんの作品のギャラリーがあるので、ぱらぱらと見れるようになっています。水彩画とか油絵とか、イラストや絵本もありました。いずれあそこに載せても恥ずかしくないものにしませんとね〜 (^_^;)







2013/08/29

2013年08月28日のつぶやき





























2013/08/28

いろいろと不調です (ーー;)

昨日からいろいろ不調が続いているので引き続きお休みしております。
涼しくなったらといって快調になるわけもなく。身体的な不調だから
まだましかなあ?とも思いますが…。

あまりネットにも繋がないと思いますので、やれるとしても水面下で
ごそごそ、という感じだと思われます。

気力が戻るまでブログのお休みが続く可能性もあります。
すみません m(_ _)m



2013/08/28

2013年08月27日のつぶやき





















2013/08/27

2013年08月26日のつぶやき

















2013/08/26

イラスト集計画中&手相の仏心紋

ホントに作るのか〜?どうしよう…、とずーっと悩みつつ、でも自分の励みになることが必要なので、ぼちぼちとフォトブックタイプイラスト集の原稿を作り進めています。

今度のはハードカバーで絵本のように大胆に開いて見られるタイプ、予算の都合で21センチスクウェアというのが限界かなあ…。なぜならば「春夏編」と「秋冬編」に分冊しても、それぞれ90〜80Pくらいのボリュームになってしまうからです。まあ、1冊につき10点ほどの見開き構成は入れるつもりですが…。作品を厳選してもそれくらいは必要です。これでも2007年以降のものがほとんどなんですが…。怖いのは1冊あたり13,000円前後の価格になってしまうことです… (ーー;)

それでも1冊で作れて、きちんとしたハードカバーで、もしもオフセットフルカラーなんかでやったら何百万単位になることは明白なので(しかもさばけない冊数になってしまう。1000冊単位とか(>_<))それを考えたらすごく利口なサービスだとは思います。ただ、前の文庫サイズが500円だったのと比較すると高いなあ、と思うだけですね。

それでも親御さんたちが我が子の写真集を惜しみなく作りたくなるのと、多分同じですね。作品は私にとっての「我が子」ですから。たとえ出来が悪くても可愛いのです。だっていまだってそれに支えられているわけですし…。

…そんなわけでもう8割方実行に移す運びです。他に高価な買い物するわけじゃないからいいかなあ…と。




昨日、ぼーっとネットを見ていて、たまたま手相がどうこうというページを見つけました。

そこで興味を惹かれたのが「仏心紋」という手相。これはなに??…で、調べてみると、親指の第一または第二間接に現れるアーモンド形(眼のようにみえる)2本の線だそうで…。こんなの→

「直観力や霊能力に優れ、神仏、先祖の加護に恵まれる人。
それによって危機的状況から救われることもある。

自分の欲しいモノが思い通りに手に入るという幸運の相。

強い信念を持っている人にのみ現れる。
慈悲心が強く、福祉的方面に適性があることも。」


…おおざっぱにはこんな風に判断するそうです。

ふーん…、と思いつつ、ふと自分の手を見ると、ありました、左手に。気付かなかった。そうだよな、日ごろ気にしてないしね。
直感は結構働くと思うけど、霊感はありません。某ブログを見ると、「そもそもスピリチュアルなことに関心がある人には大抵これがある」のだそうで、そう言われるとうーむ…という気分になりますが (^_^;)

なんというか、占いというのは統計学だとも言われますが、そうだと思って見ても面白いですね。どの占いにもそれぞれに研究されてきた歴史があるのでしょうし…。(まだタロットあたりは意外に新しいと聞きました)手相も四柱推命も数秘術も面白いなあ、しみじみ…。ちょっとした気分転換とか、背中を押して欲しい時にはもってこいのものかもしれません。

ちなみに私は悪いことはほとんど気にしないです。いいことを伸ばせばおのずと運命は変わる、みたいな気がするので… (^_^;)







2013/08/26

2013年08月25日のつぶやき