2011/03/31

海外の報道

参考になりそうなので、リンクさせていただきます。

「福島原発事故 海外での報道」

http://d.hatena.ne.jp/kentao/


なんとも哀しいことですが、こと原発事故に
関しては金銭的な問題で左右されない海外
メディアの記事が参考になることが多いんですね。

このリンク集もすごいです(^^;)


立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点作成

是非とも役立ててくださいませ。

http://www.arsvi.com/d/npp.htm
スポンサーサイト
2011/03/31

考えてください

いしだ一成さんがブログに書いていた。

なにかせずにはいられない、という自然な気持ちの
発露だと思う。

「今だからみんなで考えたいこと。」

http://ameblo.jp/isseiishida/entry-10819818986.html


今、この時、日本だけではなく、世界的な
重要なポイントにいる、と感じている私。
2011/03/31

あなたはどう思いますか?

いわゆる「無血クーデター」のようなことを考えている人がいた。

具体的には下記の引用です。

参加したい気持ちになりつつあります。
これもひとつの方法かもしれません。



http://ameblo.jp/kashim007/entry-10836500605.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

臨時内閣樹立を訴えますのでご協力ください



臨時政権樹立を促す檄文を自民党、立ち上がれ日本の政党本部及び各議員に送りたいと思います。
(CCで海外マスコミにも送付、ホワイトハウスにも送付)

こうして国民の怒りを表し、仮に超法規的であっても直ちに臨時政権を樹立し、被災者の救助、原発対策、危機管理体制の早急な構築を狙います。

私は実際に軍事クーデターまでを起こすことを期待している訳ではありません。
しかし、民主党や首相官邸には私たちは何度も抗議をしてきましたが、全く聞く耳も持たず、国民の生命よりも自らの保身を優先しているのが現状です。

今、こうしている間にも多くの人が亡くなっています。実際にはクーデターではなく、仮に現政権のままであっても、野党の協力を素直に受け入れ、災害救助活動や福島原発への対応が的確かつ迅速に行われれば、それで良いと考えています。自民党などの野党や海外のマスメディア等に対し、ここまで国民が現政権への不満を持っていることを知らしめ、外側から圧力をかけることが効果的だと思います。


「民主主義を逸脱する行為」との批判があるのは承知していますが、国民の生命と財産を守る意思のない政権には、仮に超法規的であるにせよ、引導を渡すべきだと思います。

また、「クーデターというのは暴力的である」という批判に対しては、諸外国に見る殺し合いによるクーデターではなく「無血クーデター」を期待すると明記しておきます。

ご賛同される方は少ないかと思いますが、私はこれ以上、多くの人が無能な政治家により虐殺されるのを見過ごすわけにはいけません。ご協力のほど、お願い申しあげます。




【例文】(日本語文と英文の併記が良いと思います)


<件名>

無血クーデターによる臨時政権樹立のお願い Request for establishing a provisional government through a bloodless coup.


<メール本文>

現在野党におられる国会議員の皆様、自衛隊の皆様へ(CC : ホワイトハウスと海外のジャーナリストの皆様へ)

私たちは、ごく普通の一般国民です。今回、大震災が起こり、国内で数万人の人が亡くなり、現在も多くの人が被災地で厳寒と放射能汚染に恐れながら耐えている状態です。
皆様がご存知のとおり、地震から1週間以上も経過したにも関わらず、未だ民主党政権は危機管理に対応していません。
現在の政権は同じ日本人を守る意思がなく、こうしている間にも多くの被災者が亡くなり、放射能汚染の恐怖は近づいています。

私たちは、現在の民主党政権の姿勢が続く限り、この危機は終わらないと考えています。
多少の混乱を招くことになるかも知れませんが、無血クーデターにより、全く新しい救国政権を作ることが早いと考えます。
危機管理能力のある臨時政権の樹立を希望します。

法治国家において、超法規的な手段を取ることは残念でなりませんが、このまま多くの仲間を見殺しにし、放射能汚染を見過ごすわけにはいけません。
一刻も早く新たな政権を樹立し、米国やその他の諸外国と連携して、私たちの親類や友人を救ってください。私たち国民は、新しい政権を断固支持します。

そうはいうものの、現実的には、現政権のままであっても、野党の協力を素直に受け入れ、災害救助活動や福島原発への対応が的確かつ迅速に行われれば、それでも良いと考えています。

よろしくお願いします。

To members of the opposition parties and those of the Japan Self-Defense Forces
(CC: to the White House and foreign journalists)

We are just ordinary Japanese citizens.
Because of the recent great earthquake and the associated disasters in Japan, more than ten thousand people have died and lots of people are still in the disaster-stricken areas, bearing the severe cold and being scared of radioactive contamination.
As you know, despite the lapse of more than a week since the earthquake, the Japanese government, led by the Democratic Party of Japan (DPJ), has failed to cope effectively with the current crisis we are now facing.

The present Japanese government has no intention to save the Japanese people from the crisis, and while it does nothing, more and more victims are passing away, and fear of radioactive contamination is growing.
We are certain that this crisis will not end as long as the DPJ regime maintains its present attitude, and believe that establishing a new Japanese government, a national salvation government, even through a bloodless coup will be the quickest way to end the crisis, regardless of the possibility of a confusion this may involve.

Our hope is that a provisional government capable of dealing effectively with the crisis will be established.

We deeply regret that extralegal measures should be taken in our country, which is ruled by law, but we can no longer remain idle spectators, seeing more and more of our fellow citizens pass away and the radioactive contamination grow day by day.

We request you to establish a new government at the soonest possible time, and save our relatives, friends, and others in collaboration with the United States and other nations.

We, Japanese citizens, will steadfastly support the new government.

That being said, we will not stick with overthrowing the present government if it abandons its stubborn attitude to receive cooperation from opposition parties, and takes quick and appropriate actions for disaster relief and resolving the problems with the Fukushima nuclear power plant.

Thank you.



2011/03/31

前福島県知事の告発

やっぱりね、という前福島県知事の告発だったり…。

以下、http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110330-00000301-sasahi-polより引用です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐藤栄佐久・前福島県知事が告発 「国民を欺いた国の責任をただせ」

週刊朝日 3月30日(水)17時56分配信


福島第一原子力発電所の事故は周辺の土壌や海水からも大量の放射能が検出され、世界を震撼させる事態となっている。原発の安全性に疑問を持ち、一時は東京電力の原子炉17基をすべて運転停止に追い込んだこともある佐藤栄佐久・前福島県知事(71)はこう憤る。「諸悪の根源」は経済産業省であり国だ──。

 今回の事故の報道を見るたびに、怒りがこみ上げてきます。一部の識者は「想定外の事態だ。これは天災だ」というような発言をしていましたが、だまされてはいけません。これは、起こるべくして起こった事故、すなわち“人災”なのです。

 私は福島県知事時代、再三にわたって情報を改ざん・隠蔽する東電と、本来はそれを監視・指導しなければならない立場にありながら一体となっていた経済産業省に対し、「事故情報を含む透明性の確保」と「原発立地県の権限確保」を求めて闘ってきました。しかし、報道を見る限り、その体質は今もまったく変わっていないように思います。

 端然とした表情で語る佐藤氏の自宅は福島県郡山市内にある。地震から2週間以上経過した今も石塀は倒れたままになっているなど、爪痕が生々しく残る。もともとは原発推進論者だったという佐藤氏が日本の原子力政策に疑問を抱き始めたのは、知事に就任した翌年の1989年のことだった。

 この年の1月6日、福島第二原発の3号機で原子炉の再循環ポンプ内に部品が脱落するという事故が起きていたことが発覚しました。しかし、東電は前年暮れから、異常発生を知らせる警報が鳴っていたにもかかわらず運転を続けていたうえに、その事実を隠していました。県や地元市町村に情報が入ったのはいちばん最後だったのです。

 いち早く情報が必要なのは地元のはずなのに、なぜこのようなことがまかり通るのか。私は副知事を通じ、経産省(当時は通商産業省)に猛抗議をしましたが、まったく反応しませんでした。

 日本の原子力政策は、大多数の国会議員には触れることのできない内閣の専権事項となっています。担当大臣すら実質的には役所にコントロールされている。つまり、経産省や内閣府の原子力委員会など“原子力村の人々”が政策の方向性を事実上すべて決め、政治家だけではなく原発を抱える地方自治体には何の権限も与えられていないのです。

 国や電力会社は原発に関して、地元自治体を「蚊帳の外」にしただけではないという。佐藤氏が「8・29」と呼ぶ事件がある。2002年8月29日、原子力安全・保安院から福島県庁に「福島第一原発と第二原発で、原子炉の故障やひび割れを隠すため、東電が点検記録を長年にわたってごまかしていた」という恐るべき内容が書かれた内部告発のファクスが届いたのだ。

 私はすぐに、部下に調査を命じました。だが、後になって、保安院がこの告発を2年も前に受けていながら何の調査もしなかったうえに、告発の内容を当事者である東電に横流ししていたことがわかったのです。

 私の怒りは頂点に達しました。これでは警察と泥棒が一緒にいるようなものではないか。それまで、東電と国は「同じ穴のムジナ」だと思っていましたが、本当の「ムジナ」は電力会社の奥に隠れて、決して表に出てこない経産省であり、国だったのです。

 この事件で、東電は当時の社長以下、幹部5人が責任をとって辞任し、03年4月には、東電が持つすべての原子炉(福島県内10基、新潟県内7基)で運転の停止を余儀なくされました。

 しかし、保安院、経産省ともに何の処分も受けず、責任をとることもありませんでした。

 それどころか、福島第一原発の所在地である双葉郡に経産省の課長がやってきて、「原発は絶対安全です」というパンフレットを全戸に配り、原発の安全性を訴えたのです。なんという厚顔さでしょうか。

 今回の事故でも、記者会見に出て頭を下げるのは東電や、事情がよくわかっていないように見える保安院の審議官だけ。あれほど、「安全だ」と原発を推進してきた“本丸”は、またも顔を出さずに逃げ回っています。

 さらに、佐藤氏は3月14日に水素爆発を起こした福島第一原発3号機で、「プルサーマル」が行われていたことに対し、大きな危機感を持っているという。

 なぜメディアはこの問題を大きく報じないのでしょうか。「プルサーマル」とは、使用済み燃料から取り出したプルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料を使う原子力発電の方法で、ウラン資源を輸入に頼る日本にとって、核燃料サイクル計画の柱となっています。

 これに対して私は98年、MOX燃料の品質管理の徹底をはじめ四つの条件をつけて一度は了解しました。

 しかし、判断を変え、3年後に受け入れ拒否を表明することになりました。

 福島第一とともにプルサーマルの導入が決まっていた福井県の高浜原発で、使用予定のMOX燃料にデータ改ざんがあったと明らかになったからです。

 そして、核燃料サイクル計画には大きな欠陥があります。青森県六ケ所村にある使用済み燃料の再処理工場は、これまでに故障と完成延期を繰り返しており、本格運転のメドがたっていません。この工場が操業しない限り、福島は行き場のない使用済み燃料を原子炉内のプールに抱えたままになってしまう。今回の事故でも、3号機でプールが損傷した疑いがあります。これからも、この危険が残り続けるのです。

 昨年8月、佐藤雄平・現福島県知事はプルサーマルの受け入れを表明し、30日には県議会もこの判断を尊重するとの見解をまとめました。このニュースは県内でも大きく報じられましたが、その直後、まるで見計らったかのように、六ケ所村の再処理工場が2年間という長期にわたる18回目の完成延期を表明したことは、どれだけ知られているでしょうか。

 福島第一原発の事故で、首都圏は計画停電を強いられる事態となっています。石原慎太郎・東京都知事は00年4月、日本原子力産業会議の年次大会で、「東京湾に原発をつくってもらっても構わない」と発言しましたが、この事態を見ても、同じことを言うのでしょうか。

 私は06年に県発注のダム工事をめぐり、収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。控訴審では「収賄額はゼロ」という不思議な判決が出され、現在も冤罪を訴えて闘っている最中です。その経験から言うと、特捜部と原子力村の人々は非常に似ています。特捜部は、自らのつくった事件の構図をメディアにリークすることで、私が犯罪者であるという印象を世の中に与え続けました。

 今回の事故も重要な情報を隠蔽、管理することで国民を欺いてきたと言えるでしょう。今こそ国の責任をただすべきときです。 (構成 本誌・大貫聡子)

さとう・えいさく 1939年、福島県郡山市生まれ。東京大学法学部卒業後、88年に福島県知事に初当選。06年、収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された。09年、一審に続き、控訴審でも懲役2年(執行猶予4年)の有罪判決が出されたが、「収賄額はゼロ」と認定され、実質上の無罪判決となった。現在、上告中。著書に『知事抹殺』(平凡社)がある

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



東電と繋がりがあるメディアの情報を信じてはいけません。

飯舘村にもさっさと避難指示を出せよ!と政府にもイライラしてますが。練

もー、ホントに役に立たない政府だな!說
2011/03/31

後悔したくないと思うので

このところ、ブログを読んでくださる方の人数が増えつつありまして、それは非常にありがたいことなんですが、出来れば、もっと明るい話題ならよかったなあ、と改めて思います(^^;)怜

でも今現在の私は過去の自分の無関心について、猛反省していますので、無関心は罪だと思っておりまして、せめてもの罪滅ぼしも兼ねて、重要だと思える情報をお伝えしている次第です。嶺




その後、伯父からの電話がないところを見ると、ちゃんと病院に行ったのかなあ、と思います。昨夜血圧が高かったらしいので、ちゃんと診察してもらっているにこしたことはないなあ、と思っております。

 実は伯父の家の隣に従姉の家が出来たんですが、従姉も昼間は多忙で、留守がちなので、昼間の電話は大抵母にかかってきたりするのでした。それでも昨夜は従姉を読んで様子を見てもらっていたそうですし、まあ、その点はよかったなあ、と思いますね(^^;)嶺





今回の震災についても、原発の事故がなければ、いろいろなことがもっとスムーズに運んでいると思えて仕方がありません。大元は天災ですが、それでもねえ…(ーー;)蓮




どうも原発推進派の人たちは「想定外」というのを頭から想定するつもりがなかったとしか思えませんしね。

マグニチュード9、10メートル以上の津波、という想定とマグニチュード8、数メートルの津波の想定とでは建設にかかる費用が相当違ってくるだろう、というのは子供でもわかる理論ですし。怜

「安価なエネルギー」として推奨したいならば、想定外を想定してしまったらとても「安価」とは言えないようになりかねないわけで…(ーー;) こういうことはおそらく全国の原発に対しても同様だと思います。蓮

敦賀の「もんじゅ」も現在非常に危険な状況にあるらしいので、近畿地方だって決して安心出来る場所ではないんですね。嶺

京阪神水源である琵琶湖の水が汚染されればどうなることやら…(ーー;) そもそも住める地域ではなくなることも目に見えてます。

しつこいですが、自分たちの世代はそれでも仕様がないんです。それによって得る便利さを享受してきたわけですし。でもこの先何世代に渡って、子供や孫の世代に残るツケを思うと、もう、いても立ってもいられない気持ちになるんですよね。輦

それは許されるべきではないと思います。これは人類だけではなくて地球全体の生命にも関わることですから…。人の力で制御するにはあまりにも大き過ぎるエネルギーですから…。怜



お時間がある方は是非聞いて見てくださいね。

FM797京都三条ラジオカフェ

小出裕章さんへのインタビュー

http://www.ustream.tv/channel/fm797-radiocafe-live-program-from-kyoto#utm_campaign=twitter.com&utm_source=3268222&utm_medium=social






今日も私はあまり体調は良くありません。が、これからまたお絵描きにかかろうと思っております。出来ることを少しだけでもなんとかしたいなあ、というのが精一杯の気持ちです。怜

まあ、コンビニにはすでに行ってきましたし、あとは外出しなくてもいいかなあ、とも思いますし…。
2011/03/31

今日も心安からず(ーー;)

そろそろ平穏になりたいけど、まだまだ全然安心出来る状況じゃないですね。蓮

伯父からは昨夜血圧が高くてどうのこうの、という電話がかかってくるし。



原発の方ではこんな懸念もありますし。

「IAEA原子力安全局:福島第一原発、局所的に再臨界の可能性も」

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aBuGX4PoUcOQ




それなのに政府はいざという時のために必要な費用20万円を、現場で作業した人の自己負担に、とか馬鹿なことを言ってます。こんな時に税金を使わないでどうーするの?!



訂正致します。

これは東電が支払うべきなのは当然ですね。
出来なくはないはずですし、もしも無理でも
税金を使ってもいいよなあ、と思う次第です。

東電に支払い能力がないとは思えないけど…(ーー;)

「原発作業員の幹細胞採取開始へ 被曝時移植に備え、全国80の医療施設が協力」

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110329/bdy11032923310004-n1.htm




今日も平穏な気分で済みそうにありません(ーー;)蓮
2011/03/30

これは国家犯罪じゃないのか?!

先ほどのニュースでインタビューを受けていた女性。実は以前は福島第一原発で事務の仕事をしていたそうです。そういう人だから、一般人よりは原発に詳しいはず。

その人が水素爆発で建屋が吹き飛んだ画像を見て、これはただ事じゃない、と判断。夫と共に幼い子供たちを連れて、親戚のある京都に避難してきたそうです。

その女性が「なぜ最悪のシナリオを公開しないのか?」と東電と政府に疑問を呈しておりました。それだけ事態が深刻だってことですね(ーー;)



ドイツでもこういう政策転換がありました。

「原発8基の完全閉鎖に賛成 独与党FDPが政策転換」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110330/erp11033011470006-n1.htm?utm_source=MSN%25E7%2594%25A3%25E7%25B5%258C&utm_medium=MSN%25E7%2594%25A3%25E7%25B5%258C&utm_term=MSN%25E7%2594%25A3%25E7%25B5%258C


どうしてドイツに出来ることが日本に出来ないの?



Twitterではこういうつぶやきもありました。

「現状の放射線量でも福島市くらいまでの妊娠初期の方にとっては残酷な状況である。しかし産婦人科学会は安全と言い切っている。嘘を言える理由はわかるが可哀想すぎてここでは呟けない。乳幼児の研究者の一人として日本産婦人科学会は未来永劫に許せない。」


どうか、子供たちの未来を救ってください。
2011/03/30

今年の流行語になるのかも…(^^;)

力作!思わず笑ってしまいました(^^;)


嫁が作った「ポポポポ~ン弁当」に絶句する夫

http://rocketnews24.com/?p=83910



まわりの反応が見たかったなあ…(^^;)秊
2011/03/30

まだまだ長期戦ですね

はー…、しんどい。嶺 マッサージの日ですが、今日は先生がやや遅めのお昼前くらいになるらしいので、先にばたばたとドラッグストアまで買い物に行ってきたところです。

2月半ばに120錠の救心を5つも買ったんですが、やっぱり足りなくて、もう一つ補充(ーー;) はー…、やっぱり半端じゃない救心代ですが、母は「これが効く」と堅く信じていますので、まあ仕様がないですね(ーー;)嶺




 引き続き気になる原発事故ですが、すでにチェルノブイリ級だという見解もあったりして、もっと非難区域を拡げなくてもいいのかなあ、と素人はやきもきしてます。嶺

でも政府が強く主張でもしない限り無駄だろうな。テレビと新聞あたりの情報しか入らない人にはわからないだろうしなあ…(ーー;)蓮

http://www.priee.org/modules/pico2/index.php?content_id=135


今回の震災と原発事故に関しては本当に世界中が深刻に考えているような感じですね。それで震災については諸外国からの御好意が本当にありがたいものです。劣

でもせっかくの援助の手がきちんとすぐに届くようにしなければ、なんにもならなければ本当に申し訳ない限りですよね。嶺

少しでも被災地に近い場所に何ヶ所か救援&復興の拠点を作って、しっかり連携していけばいいのに、と、もどかしく思うのは私だけでしょうか? うーむ…(ーー;)怜





 ところで、私個人は昨日から、またぼちぼちとお絵描きを始めています。まだ線画の途中ですし、どれくらいかかるかはわかりませんが、来月のサイト開設記念日までに間にあうといいなあ、とは思っております。どうかなあ…?(ーー;)嶺

イメージはすでに頭の中にあるので、それを形にしていくだけですが、それが結構根気と気力を要する作業ですしね。頑張りたいです。嶺





被災地の人たちが本当の疲労を感じるのはまだまだ先のことで、ほっと一息つけた時が実はメンタル部分で一番要注意な時期です。だからこの先何年も本当に気長な支援が必要だと思います。怜

私自身ももしかしたら、自分の鬱を悪化させないために原発関連のことや、創作などに集中しているのかもしれません。もしかしたら自己防衛かもしれませんが、でもやれるときにやりたいことをしておかないと絶対後悔することになりそうですし…。蓮

自分に出来る範囲のことは黙々と続けたいと思っております。
2011/03/30

震災被災者医療費無料の件について

条件なども大変詳しく調べてくださっています。

こういう情報が必要な方が多いはず。
お知り合いに必要な方がいらっしゃれば
教えてあげてくださいね。

http://blogs.dion.ne.jp/europeus/archives/10062063.html#more