2010/05/31

これはなかなかすごいです

やっぱりすごく魅力的に見えてしまうなあ…(^^;)

つい欲しくなってしまうから怖いですね(^^;)


スポンサーサイト
2010/05/31

出来ることを少しずつ…

 今日もなんとかお天気のようですね。やや曇りがちですが。

 朝一番で郵便局と銀行と、続きに用事を済ませて来たんですが、今日はなぜか結構きつくて、それ以上のことは無理だろうな、という疲労感を感じております(ーー;)輦 

波の高低はあれども、このどうしようもない疲労倦怠感はまぎれもなく鬱の症状のひとつなんでしょうね。せめてこれがもう少しましになればいいんだけどなあ…。嶺

まあ、一昨年の春あたりは在宅勤務のための講習でも受けに行きたいなあ、とか考えていたくらいですし、またそれくらいましな時が来るだろうと期待するしかありませんね~(^^;)嶺




ツイッターでも言ってますが、京都駅八条口に新しいショッピングモールがプレオープンしてるんですね。(ちなみにグランドオープンは6/4からですが)鍊

すごく関心があるんだけど、この現状ではなかなか行けそうにないですね~。悔しいわ。特に人ごみは元気な時でも苦手な場所だしなあ…。輦  今から早くも人出が落ち着くのはいつかなあ?…などど、かなり先のことを考えていたりします。嶺

「仕事だと鬱になるけど、遊ぶ時は元気」という、いわゆる「新型うつ病」というのは従来のうつ病とはまた別の病気だと考えています。遊びに行く気力もないのが普通なんだよね~。蓮

…なのにいかにも怠けてるっぽく誤解されがちな新型うつ病と同様に見られて判断されてしまったら、従来のうつの場合もさらに誤解がひどくなりそうで、悔しいし辛いです。世の精神科医の皆様、あれは別の病気だと考えてくいださいませ。お願いします(ーー;)怜






 出来ないなりに努力、というので、現在の私は地味にアイコン素材などを作りつつ、次の作品のイメージが降りてくるのを気長に待っております。創作の神さまは本当に気まぐれだから困ります。天啓を待つ時期って結構辛いですし…(ーー;)怜

アイコンなどの小物素材はそれなりの数がまとまらないと更新が出来ないので、こちらも気長な作業になりそうですね(^^;) すでに100個以上は出来てるんですが、あまり小さいアイコンだと普通のデザインでは見えなくなってしまいそうですし…。でもなあ…ミニサイズもあると便利ですし、考えてみませんと…。

どうせならバナー台とかボタンとかもあると便利だよね、とかまで考えてしまうので、本当に更新はまだまだ先になりそうですが、まあゆっくりとやります(^^;)嶺








 昨夜読んでいたのはこの本です。

しごく薄い本ですが、ふと興味を持ってしまった物理学の入門書といいますか、たまたまこの前に動画で見たんですよね。そもそもは3年ほど前にNHK-BSで放送されていたようですが、うちはBSは受信できないし、番組も見てなかったんですが…。

でもこれが門外漢にもすごくわかりやすくて面白かったんですよ~。だからさらに関心を持ってしまったわけで…。撚




こちらの本は番組を本の形にまとめた内容なので、非常にわかりやすかったです。鍊

物理学といえども、数式が出てこないだけに一般にもとっつきやすいですね。数式があれば読むよりも先に挫折しているだろうな、数字には弱い私ですし…(^^;) でもイメージで置き換えるとやっぱりわかりやすくて面白いですね。撚

で、どうも私は自分とは別ジャンルのことでも、自分でわかりやすい創作(それもお絵描き)に置き換えて考えてしまうようで、そうすると苦手な分野でも意外にすっきりと理解出来るみたいだ、ということに気がつきました。烈 やっぱりほぼ直感的な理解に近いのですが、どのみち理論はあとで納得出来ればいいんだし…。

リサ・ランドールさんの本はさらに分厚い「ワープする宇宙」の方も購入済みですので、そちらはもっとゆとりのある時にじっくりと読みたいと考えております。劣

2010/05/30

千の風になって…

 今日もいいお天気です。寒さも昨日よりはましな感じですね。

今、マッサージが終わったところですが、ちょうど先生が来られる前に買い物に行って来れました。今日は100円ショップですが、やっぱり結構な金額が必要になってしまうなあ。食料品をセーブするのは難しいですよね。他の部分は削れるにしても…。蓮(でも私は本代は削れないかもしれませんが…怜)



今朝は非常に眠くて、起きるのが辛かったので、それなりに脳の休養が出来たのかもしれません。このごろ上手く昼寝が出来なくなっているから、可能ならば今夜も早めに寝ようかなあ、と思っていますが…。簾

おかげさまで気分的にはかなり落ち着きました。




で、今朝の母はお仏壇にお線香をあげる時に「パパ、怒ってなかったら煙で知らせて」と頼んでいました。そうしたら煙が寄り添うように流れてきたようで、それで納得したみたいです(^^;) 父が私らのことを怒っているわけがないと思うんですが…。

私が夢で理解した「還り方」というのは、ちょうど「千の風になって」の歌詞のように、水に溶けて大気に溶けて、本当に地球の一部になり、宇宙と同化するという感覚でしたが、多分それも間違っていないと思います。撚

だから私自身はあんまり遺骨には執着もしていないのですが…。どうせなら物質的にも大地に還してあげたいなあ、と思っております。甥っ子に頼んで、みんな死んだあとで、富士山の麓あたりに散骨してもらえれば本望かなあ、と思います。烈

テレビで見た無縁墓とか合同墓とかは骨壷のままで、安置されているだけみたいだから、それは嫌だなあ、と思うんですよね~。やっぱりあくまでも自然の中に還して欲しいです。いずれそのことだけは遺書でも書いておかないと駄目かなあ、とも思ったり…(^^;)怜

私の死後はマニア受けするお宝がそれなりに残ると思うので、(ただし金目のものはなにもありませんが)そちらは姪っ子に頼んで、処分する前に宝捜ししてもらいたいなあ…(^^;) これも遺言しておくべきかしら。嶺

なんとなくまだ人に見られたくないものも残っていそうな気がするし、そちらは自分でなんとか処分しておかないといけませんよね~。いつ死んでもいいような準備はそれなりに必要な気がします。

…でもさあ。なにも持って行けないということがよくわかっていても、まだ物欲って残るんですよね。困ったものです。それでなければ気力も残らないような気がするあたり、まだ物質界に生きる人間の宿命かもしれませんが…(^^;) こういうのが煩悩なのかもしれませんね~。嶺








 昨夜読んでいた本はこれです。「うつは薬では治らない」という本です。



著者は自らも12年来のうつに悩んでいるフリーライターさんで、だから症状の辛さとか心の葛藤とか、すごく身近に理解できるものでしたし、世の中の傾向に対しても共感を持てる文章ばかりでした。

それで長引くうつと生涯気長につきあって行こうという心境は、ちょうど私の現在の気持ちとかなり近いところにありました。

完治は期待しないけど、無理なことは望まないで、出来る範囲内で努力して、自分なりに社会参加して行きたい、というのも同じ気持ちです。

ただ、私はまだ薬をやめる勇気はありませんし、これは自分で納得出来るまで服用を続けると思いますが、あとは著者と同じように考えています。

長くうつとつきあっている人や、逆に「私ってもしかして『うつ』?」と思ってしまった人にも読んで理解を深めて欲しいなあ、と思う本ですね。劣

2010/05/29

このモヤモヤ感が嫌だ

 久々に気持ちがいい晴天です。綿の毛布を洗濯したいけど、真夏の陽射しがなければ乾かないだろうな~。今日はそこのところはいまいちみたいですし…。嶺

このごろ、日曜日にマッサージの予定が入るので、気分的に今日が日曜日のような感じがします。とりあえず、また朝からコンビニくらいしか行っておりませんが…。





朝から母がおかしなことを言うから、なんだかどーっと精神的な疲労感に襲われております(ーー;)嶺

なんだかね、今朝お仏壇にロウソクとお線香を上げたら、いつのまにかお線香の1本が線香立て(うちのは立てるタイプではなくて。灰の上に横に寝かせて置くタイプです)の外に飛び出してた、って言うんですよね。で、いきなり「パパが怒ってはる!」とか言うからびっくりしましたよ~(ーー;)嶺

そもそもお線香が宙に浮くとか、飛び上がった瞬間を見たのか?と尋ねると「見ていない」という答え。で、膝の上にまで灰が落ちてた、と言いますし…。縁を切った筈のお寺だけど、お墓参りに行かないと駄目かな?とか、父じゃなくてもご先祖の誰かが言いたいことがあるのかなあ、とか…。

私もしばし考えました。昨日の日記でお寺のことに対して愚痴とか意見とか書いたからかな?とか、それともなにかやばいことに手を出したか?とか…。聯

でも冷静に考えても自分が間違ったことを考えたとは思えないし、実際にお線香が飛ぶのを見たわけでもないですし…。

それに母はお線香をあげる前にいつも水とお花を先にあげてるんですよね。だから手が濡れていた可能性が大きくて、濡れてる指にお線香がくっついて落ちたような気がします。…いや、おおいにそう思えてくるし…(ーー;) 私もぼーっとしてますが、母もかなりぼーっとしてますしね~。怜

まあ、ですからそういうことが真相なんじゃないのか?と説明すると、一応母も納得したようです。自分が無意識でやったことに対して、怯えて、それで具合が悪くなったら(実際にそうなりそうでしたし)馬鹿みたいだしな~。嶺





実は私は昨夜の夢の中で、どうもあの世とこの世の境目みたいな感じがする地下道みたいなところにいまして、その中を歩いているたくさんの人の中で、通りすがりの誰かに「大丈夫、お父さんはとてもいい還り方をされてますよ」と言われて安心したばかりでしたので…(^^;) 

…だからこの際は夢の方を信じてみようと思いました。そのことも母に話して、やっと落ち着いたみたいですけどね~。

なんだかそういうことをしていたら妙に精神的な疲労感がどーっと来た次第です(ーー;)蓮

ここしばらく自分の中で「はっきりした説明がつかないあれこれ」というのがとても引っかかっていて(これは現実の世界での話です)あれこれとずっと謎解きみたいなことをしてるから、そのせいもあるのかな?とも思えますが…。





 さらに昨夜寝る前に読んだ「怪痾(かいあ)」というホラー本の中に、「伝染する呪い」みたいな実話怪談がありまして、それに対してなんとも割り切れない気持ちを抱いたせいもあるかもしれません(^^;) 



…いやー、「この話はあくまでも自己責任で読んでくださいね」とかあったんですが、好奇心に負けましたし…(^^;)嶺

怖いのではなくて、説明がつかないことが落ち着かないんですよね~、性格的に…。輦





なんというか、どうも「はっきりと説明がつかないこと」に対するモヤモヤ感がずーっと続いているのもありますね~。蓮

どこかで気持ちと精神面のリセットが必要かなあ、と感じるんですが…。このお日様の下をどこかに出て行く気力もありませんし、どうしたものかなあ、と考えております(ーー;)怜
2010/05/28

おもしろそうにゃ~(^^;)

人間が触っているのを見るよりも
「欲しいかも(^^;)!」と思ってしまった(^^;)


2010/05/28

意識改革してくださいね

 昨夜は寒かったですね。天気予報でも過去50年を調べてもデータにないような低温だったそうです。異常気象が加速しているような不安が募ります(ーー;)嶺

おかげでというか、冷え性の私は足先が冷たくてなかなか眠れませんでした。逆に頭はどんどん冴えてくるし…。さすがに入眠剤が必要かなあ、と飲んだのが12時を過ぎていたので、午前1時くらいまでは起きていたと思います。蓮




丹 でも今朝は通院日の母につきあって、5時台には起きましたから、やっぱりやや寝不足ですね。頭がぼーっとしております(ーー;)怜 買い物に行ってもいつも以上に忘れ物が多かったりして…。まあ全然別の考え事をしていたせいもあるんですが…。

 ともあれ今日の用事は済みました。例によってコンビニと八百屋さんに行っただけですが。このあいだ、旬の最後のエンドウ豆が美味しかったので、さらに今日も1.5キロ買いまして、食べきれない分は冷凍しておくと母が言っております。鍊




 なんだかここ2,3日、創作に気分が乗らない日が続いています。別に急ぐこともないんですが、なにも出来ないのも勿体ないかなあ、と所在なくぼちぼちと素材を作ったりしているんですが…。これもいまだに完成には至っていません(ーー;)嶺






 そういえば。もうすっかり忘れていた時期ですが、昨日、かつては檀家だったお寺からのはがきが届きました。

この数年に渡って、お寺の住職の後継者争いで、裁判にまでなって揉めていたお寺なんですが、それがどうやら一方のお坊さんが亡くなったことで決着がついたみたいです。双方の弁護士さんを通してですけどね。

いずれにしても、もうどちらのお寺とも関わるつもりはありませんが。案外そういう低レベルなところで揉めているのに嫌気がさして、檀家をやめた人も少なからずいるんじゃないかなあ?と、私は想像しております。

お寺関係の方はねえ、全部が全部とは言えませんし、前向きになられている僧侶の方もそれなりにいらっしゃるとは思うんですが、いままでの過去の勘違いの価値観に捕らわれたままで「自分は偉い」という間違った思い込みのまま、のほほんとその立場にあぐらをかいて、世の中の変化や人びとの悩みの変化に対して、なんの努力もしていなかったよね、と思われるお寺さんも結構存在すると思います。蓮

信者というか、今までさほど熱心ではなかった檀家の人たちの方が先に気付いてしまったんですよね、それで目覚めてしまったから、たんなる「葬式仏教でしかない」お寺の体勢はもう見放してしまっているんですね。怜

これからの人びとが必要としている宗教があるとすれば、それはもっと現在生きている人びとの悩みに真摯に向き合う姿勢が必要だと思うのです。亡くなった人のことはほどほどでいいんです。

今生きている人に対して具体的に何が出来るか、精神的な部分をもっと真面目に考えて行動に移して欲しいと願っています。いままでのその立場にのほほんと座っているだけじゃ駄目だと思います。前向きに意識改革してくださいね。獵






 昨夜寝る前に読んでいた本。「天下一」の2巻が出ました。





タイムスリップして戦国時代に行ってしまった女子高生が、現代に戻るために本能寺の変で信長を生き残るようにしなければいけない、ってことで頑張っております。なんとも華やかなお小姓軍団に紛れ込んで。劣

…お年ごろの少年たちと、女であることを隠している少女と、緊張感の中で日々が過ぎて行くわけで、やっぱりこの続きも展開がひたすらに楽しみですね~。鍊

2010/05/27

頑張れよ(^^;)

現在、山梨県で孤立状態になっている地域は
ちょうど甥っ子の管轄の地域内に当たる。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20100526-OYT8T01105.htm

急病人が出たらヘリで搬送する体勢だということだけど、
地元の人はいかにも大変そうだ。
お年寄りには一層大変に違いないだろうし…。

一日も早く復旧しますように。
2010/05/27

想いの往く果ては…

 今日はまた寒いですね。本当に激しい気温変化です。嶺

昨日はマッサージの先生が来られたのがお昼前で、それが終わって昼食が1時くらいになってしまいまして、結局夕食は抜きにして、日が暮れてから前もって作っておいたおにぎりを夜食にしたのでした。ほとんど運動らしきことも出来ていないので、さほどカロリーも必要ないと思うんですが…。

綾 おかげで私もわりと早い時間帯からお布団で横になったり、また起きてPCに向かったりを繰り返しておりました。蓮

創作らしきことがなにも出来ませんでしたが、まあそういう日もあるかなあ、と思っております。いろいろと問い合わせ関係のメールの返事とかもありましたし…。

で、まあ今日もわりと早くに起きております。すでに郵便局とコンビニには行って来ました。 それと裏通りの本屋さんにも。こちらは雑誌だけ頼んであったんですけどね。






気がつくと、ギャラリーサイトの50万アクセスが次第に見えてきまして、この分では来年までは待てないなあ、結構早いかもしれない、とちょっと焦っております(^^;)嶺 

やっぱり記念になにかフリー配布の作品くらいは描きたいなあ、と思うんですが。次に描くならそれを意識しておかないといけないかなあ、と考えております(^^;) まあ、なかなか思うようにはいかないのが創作、っていう世界なんですが…(ーー;)怜

私などは特に頭で考えて描いている意識があまりないので、ただひたすらにイメージが降りてくるのを待つしかありませんし…。それが降りてきても、まだ充分なイメージ通りに表現出来たことがありません。蓮

悔しいけれども、それが私の限界なのかなあ…。…かといって、そこで諦めるのもまた悔しいですし、やっぱり続けている限りは上手くなりたいとは願っております。嶺

「これが私です」と言えるものがあるとすれば、それはやっぱり「絵」しかないと思いますし…。







 この間からぼちぼち楽しんで読んでいたシリーズ本。「赤ちゃんと僕」。
実はこれもリアルタイムに雑誌で連載を読んでいた懐かしい作品です。漣
























ママを交通事故で亡くした小5の拓也くんが、春美パパとまだ赤ちゃんの実くんの子育てをしながら自分も成長していくっていう形かな?彼らを取り巻く、実に多くのキャラクターが登場しますが、それが全部いいんだなあ。どういう感情も自分がいつかどっかで感じた気持ちだと共感出来ることが多いというか…。劣

子供たちからお年寄りまで多種多様な年代のキャラが登場しますが、基本的にやっぱり癒されるというか、家族について考えさせられるというか…。



興味深かったのは巻末の解説で、特にタケカワユキヒデさんの「男は女性というものを『まったく別の謎の存在』として見てしまうけど、女性は男の子でも『自分と同じ』だという視点で見てしまう」というような解説など、面白い視点でした。鍊

だから女性が描く男性キャラ(特に少年などは)は感受性が女性的だし、逆に男性作家が女性を描くと「本当に謎めいた存在」になる、というあたりとか…。なるほどなあ…と感心しつつ読みました。劣

あと、落合恵子さんの解説はご自身の介護の日々と並行して書かれているのですが、「子育てと介護はどこか似ている」という話にもとても同意出来ました。私もそうでしたし…。

私は子育ての経験はありませんが、身近で甥や姪の成長を見ていたのと、父の介護を通していつのまにか「親がかわいい対象になっていく」という経験もしましたし…(^^;)怜 

ただ、それぞれの果てにあるものは子育ての場合は「成長」ですが、介護の場合は「別れ」なんですよね。でもいずれにしても命の面倒を見る日々のあいだで、もとは「育てている」つもりの自分が同時に「育てられている」というのに気付くんですよね。烈

いずれの場合も真剣に相手の命と対等につきあった分だけ、自分が得るものが非常に大きいと思えます。劣



…笑われるかもしれませんが、私にとっていつのまにか父はイコール「地球そのもの」みたいな存在になっています。

父を想うと地球のことを想い、地球のことを憂えると父を想う…みたいな…。で、ふと気がつくと自然と涙が出ていたりするのでした…。

2010/05/26

あちち…(ーー;)

私の夢にはごく普通に五感が存在しますが、
昨夜の夢にはなんというか熱感までがありました。

夢で私は子供が描くような深紅の色で昇る太陽の絵を描いておりました。
そこから何本かの光が伸びていて、形としては
出来損ないの日章旗みたいな感じでしょうか…。

その絵がいつのまにか本当の太陽になってるんですね。
で、伸びる光の腕が背中にまともに当たると、
これがまるで電気ストーブみたいに熱いんです。
あまりの熱に逃げてたくらい(^^;)嶺

夢の中で一緒にいる相手の呼吸や体温を感じたことは
ありますが、さすがに太陽の熱は初めてで
面白かったです(^^;)

そのうち夢判断なんかもしてみたいかもしれません。
2010/05/26

久しぶりにわくわく♪

 まだ時折雨がぱらついています。どうもすっきりと晴れる日ではなさそうです。

いつもマッサージを受ける時に敷いている綿の毛布を洗濯したいと思いつつ、分厚い綿毛布がすっきりと乾きそうな晴天続きがありませんね~(ーー;)嶺

今日はマッサージの日なんですが、先生が来られるのがお昼前後になりそうだとのこと。それまでは出来る雑用をしながら、ぼんやりと待っております。今日はさすがに買い物に行く用事もありませんしね。母はまた体調が良くないと言っていますので、マッサージでの改善を期待しております(^^;)嶺

で、まだ次の作品のイメージがすんなりと降りてくるわけもなく、そちらの創作の方は天啓待ちなんですが…。




 昨日、ある方のプロフィールを知ると同時に関心を持ってしまったジャンルのことなど、ぼんやりと妄想しておりました(^^;)鍊 

いや、それも普段の私とは全然縁がない分野なんですが…。いますぐにでも翻訳されたその人の著作を読みたいという欲求に駆られておりますが、さすがにそれは経済的に無理なんで、来月まで待ちぼうけになりそうな感じです。もどかしいなあ…(ーー;)蓮 

先に数冊まとめて購入してしまった本があるので、仕様がないことなんですが…。怜

無縁のジャンルでも、理系の人間ではなくても数式が出てこない物理学の本なら多少なりとも理解出来そうな気がするんですよね~。…っていうか、イメージしやすいといいますか…。

最先端の科学や芸術や天文学やもろもろの行き着く先はかなりスピリチュアルな世界に近いのではないかなあ、と私は結構楽しい想像をしております(^^;)漣 

うーん…こういうワクワク感を感じるのは久しぶりかもしれません。楽しみだなあ。秊

…とても個人的かつ内面的なことなので、なんのことかわからないと思われる方がほとんどだと思いますが、すみません。時間をかけてゆっくり考えてみて、自分の中でなんらかの形にまとまれば書きたいと思います。

…が、でも私は直感で理解したことを理論的に説明するのってものすごく苦手なんですが…。それも修養しないといけないなあ、と思っております。嶺







 昨夜はゆっくりと楽しんで読みました。「聖☆おにいさん」5巻。



やっぱり面白かったし、癒されました(^-^)烈 

東京タワーのエレベーターが天界に直結するのはおにいさんたちがいる時だけだよね。そこに居合わせた子たちでなくてもふと降りて見たくなるに決まってますね(危ないけど)嶺

この面白さはネタばれ禁止だと思うので、是非ともどうぞ、というオススメだけに留めておきたいと思います(^^;)劣