2008/06/30

罪悪感はいらないのか

今朝も背中がバリバリだったりするんですが、マッサージの先生は次は木曜日だったりするんですよね~。長いなあ…嶺

 でも今日はお天気のようです。暑くなりそうですが、病院に行く前に時間があるからちょこっと日記なり書こうかなあ、と…。そろそろ次のイラストのイメージがまとまってこないかしら、と願いつつ。

 昨夜はまたちょっと航空機関係の画像を何枚かプリントアウトしまして、先ほどからまた、父のベッドの上の天井に張ってきました。少しでも喜んでくれるといいなあ、と願っております。脳のダメージが大きくても、自分が好きなものへの関心はずっと残っているみたいで、だとすると私も死ぬまでお絵描きとかPCとか出来るかなあ、と思ってみたり…。秊

昨夜はかなりのペースで「アルツハイマー病が予防できる」を読んでおりました。おおまかなことは頭に入ったかなあ、という感じですが。

この本の中に介護について触れられている部分がありまして、アメリカでの例かもしれませんが、家族への介護は平均一日12時間、週に84時間くらいの労働に値するらしいです。おまけに休みなし。年中無休。しばしば残業や夜勤があって、きわめつけに無償!…フルタイムを無償で働いて、ストレスを感じない人がいるわけがない、と。…そうだよね。感じて当たり前なんだよね。

さらに「自分自身の世話をすることに罪悪感を感じてはいけません」ともあって、これも非常に納得出来る言葉でもありました。

 介護といっても内容はいろいろですが、うちのように要介護5、重度身障者1級という場合でも、動ける認知症の患者さんでもそれぞれに大変なものがありますし、専門家の心配もそのあたりにあるかなあ、と思えるのですが。

自分を大切にしつつ、介護も大切に、ということで、改めて行動していかないといけないなあ、と思っております。本に励まされたのかもしれません。

…今日はちょびっと前向きですね。秊 父に対しては自分がどんなに落ち込んでいてもいつも前向きに接しているんですよね。いつも「大丈夫、大丈夫」と言ってますし。自分の内心はちっとも大丈夫じゃなくても、どこかで自分自身に言い聞かせているのかもしれません。
スポンサーサイト
2008/06/29

出来ること出来ないこと

 ずーっと雨ですねえ。庭などじめじめと非常に気持ちの悪い湿度に満ちております。湿度は苦手です。やっぱりどちらかというと乾燥した土地の方が体調がいいように思えたり…。そういう場所に住んでいた前世でもあるんでしょうか?(^^;)

 で、体調はいまいちですが、なんとか病院には行って来ました。父は今日も落ち着いていました。あまり吐き気もないようで、日曜日ゆえ、看護師さんの手が足りなくて、お昼が遅めになりまして、しきりに口を動かしていたので、見かねてスタンバイしてあった食事をPEGから入れて来てあげました。看護師さん、ごめんね。あんまり父がずーっと見ているから…(^^;) お預け状況は可哀想かも、と思ったし…。

父に食事をあげるのも考えてみれば1ヶ月半ぶりですね。そのせいか、じーっと私の顔を見ていましたが…。今はなにもしゃべれない状態ですが、また家に帰って少しでも言葉を思い出してくれるといいなあ、と願っております。

退院の日は朝から準備して、支払いもして、介護タクシーに来てもらって、帰宅後はかかりつけの先生の往診と訪問看護師さんと続け様の来訪ですし、想像するだけで大変そうです。嶺 くたびれそう…。

ぼちぼちと次のお絵描きをなんとかしたいなあ、と思いつつ、iPoserは思うように動いてくれず、足先だけがあらぬ方向に向いてたりしますし、モデルさんに思い通りのポーズをつけるまではまだまだ前途多難なようです。蓮 もう一度、マニュアル読み直さないとなあ…。嶺

本当は面倒だし、マニュアルを読むのって嫌いなんですね。直感的に使えるソフトが好き。だからAdobeのソフトになんとなく執着してしまうのかも…。悔しいですけど…。輦



 ……………………………








続きを読む

2008/06/28

人気度診断(^.^)

どうもやる気が出ないので、ネットをうろついていましたら、

こういうところを発見。

人気度診断

もしも学校の先生だったら…?っていうものですね。

面白そうだから早速やってみたり。鍊


結果は続きを見てくださいね。




続きを読む

2008/06/28

おかげさまで…

 雨が降り始めました。今朝も朝からマッサージを受けて病院に行きました。

おかげさまで、今日はいくらか落ち込み気分がましなようです。…というのには、どうもここしばらくずっと微熱があるから…ということがわかったから、というのもありますね。特に原因があるわけではなくて、自律神経系統が狂っている症状のひとつとしての微熱なんですね。

これは20代の若い時からしばしばありまして、特に梅雨の頃は頻繁でしたね。で、内科的な検査など受けてもどこにも異常はなく、どちらかといえばホルモンバランスの乱れの方が影響大かなあ、という感じで。それとストレスと。嶺

ちょっとご無沙汰だったんですが、現在の生活と体調のリズムでは仕方がないかなあ、と自覚したらましになりつつあるという…。微熱ゆえのしんどさが加わって、余計にきついと感じていたようです。これはまあ、病名が判明したら納得して落ち着くようなものに似てますね。

そういうわけで、昨日はすっかりお騒がせしましたが、しんどさはあるものの、気分的にはいくらか楽になりました。どうもご迷惑おかけしました。嶺

でも、シオンさんのご明察、恐れ入りました。よく読んでくださってますね。自分でも精神状態にかなりの波がある自覚はありましたが、やっぱり人並み以上に落差が激しかったんですね。嶺 かなり躁鬱っぽいかなあ、と思ったりも…。蓮 

これもしっかりと自覚して、今後の標にしたいと思います。昨日の日記にコメントをくださった方々、本当にどうもありがとうございました。





 今日の父は落ち着いていました。昨日看護師さんに摘便してもらって、お腹がすっきりしたのか、吐くのもましなような感じです。正直ですよねえ…。でも胃のチューブはこのままつけたままの退院になりそうです。誤嚥性肺炎の危険は少ないほうがいいですし。…取り換えなどは往診の先生にお願いすることになるでしょうが、でもこれがあると体位交換や着替えなんかが大変そうで、本心としては微妙ですね…。蓮

いままでの2年半のあいだ、在宅の状態で一度も肺炎にならせたことがない、っていうのが自慢だったりも…。まあ、それだけ先生方にも評価をいただいているようですが、父がもともと抵抗力がある体質なのかもしれません。あんまりインフルエンザとかにもかからない人でしたしね。ただ、膀胱炎にはよくなってしまうので、そちらの方は要注意です。

そのあたりのことに重点を置いて、また頑張ります。劣
2008/06/27

弱音を吐いてもいいですか

駄目だ、と思われる方はお読みにならないでくださいね。すいません。嶺

綾「明けない夜はない」と言いますが、このごろの私、朝になるのが非常に苦痛です。嶺 すでに夜明けを迎える前から、たとえようがない強さの疲労倦怠感が押し寄せてくるからです。

本来ならば、ゆっくり身体を休めて、気力に満ちて起きられたら健康の証なんですが、そうじゃなくて、真逆なんですよね。この疲労感は寝ているあいだに毎晩、賽の河原で石を積んで、積むはしから鬼が壊していくような…。そういう達成感とか満足感とか充実感とかを、まったく伴わない空しい疲労なんですね。輦

起きた瞬間に「また何も出来ていない(T.T)」「なのに身体が動かない」という焦りのようなものがじわじわと襲ってきます。それが病気だと思えばそれまでなんですが、自分ではもっと頑張りたいし、頑張らなきゃいけない、という思いで一杯なのに、それが出来なくて、そういう自分の情けなさで自己嫌悪を伴い、自分の不甲斐なさのために死にたくなります。輦

なかなかそういう状況から抜け出せないのがきついですね。SSRIも目一杯の量を飲んでるし、精神安定剤もかなり使っているのに、なぜか朝の辛さはひどくなる一方なんですね。蓮 

ここまでくると、精神だけじゃなくて、体調も良くならないと、どうにも浮上出来なくなって来ます。足掻くんだけど、なにもとっかかりが見つけられず、もがくばかりで…。輦 入院とか出来ればしたい気がするけど、うちの現状だとそれも無理だろうなあ…。怜

このしんどさから解放されるなら、どういう注射でも苦い薬でも辛い手術でも耐えられるのになあ、と思います。輦







 今日の父、わりと落ち着いていましたが、ちょこっと熱を出していました。なんの熱でしょうか。いずれにしても手を握っていると安心するみたいで、それはよかったんですが。

昨日の検査の結果はなにも聞いていませんが、問題があれば先生から話があるはずですし、多分大丈夫だったんじゃないかなあ、と思います。やれやれ、という感じですね。吐きやすいのは気をつけるとして、やはり胃のチューブは抜いてもらわないと、家では大変です。嶺

今日の午後にはケアマネさんが病院を訪れて、看護師さんやらと詳しい相談をしてくれる予定です。それによって、さらにベターな介護プランを立ててもらえると有り難いなあ、と思いますね。

家の方の父のベッドのメイキングもきちんとやらなくちゃね…。嶺 しんどいけど、とても死ねる状態ではないですね。もっともっと解放には遠いような気がします。怜
2008/06/26

朝は絶不調(T.T)

今朝もひどく具合が悪くて、よほどもう救急車でも呼ばないと駄目かなあ、とふと思ったくらいだったんですが…。輦 精神安定剤の関係の薬を飲んで、母にマッサージなどをしてもらって、しばしの安静…。どうにかこうにか動けるようになりました。怜 私はわりと我慢強い方なんですが、さすがにかなりきついなあ、と思える不調の朝でした。

でも昨日は大事を取って、病院に行くのをやめて、母が一人で行ったんですが、なんだか父が元気がなかったらしく、今日はなんとしてでも行ってあげないとなあ、と思っていたのです。幸いにも往復タクシーですし。

で、病院に行ってみると、父は昨日はかなり吐き気があったらしく、心配してたんですが、今日は幾分楽そうに見えました。でも逆流したものの中に胆汁のようなものがあったので、腹部のレントゲンとCT、エコーの検査を受けました。明日結果がわかるらしいですが。最悪、腸閉塞とかだったら、退院どころじゃないですよね。嶺

事実、今回の退院はなんとか落ち着き加減だというものの、多くの不安定な要素がありまして、最悪の場合、退院してまたすぐに病院に戻る可能性もあるとかで…。…こういうややこしく半端な制度を作った小泉と自民党を恨むぞ~、と怒ってみたり。練

まあ、逆戻りの場合でもいつでも診てもらえるそうなんですが。それだけ家族にも神経を使うことを要求されるわけですね。家に帰ることで父が安心して落ち着いてくれることに希望を託しています。

現在、父がいるのは個室ですが、同じように個室にいる患者さんのほとんどは家には帰れない人ばかりだそうです。なので、うちが連れて帰るというと、看護師さんや病院関係の人達からはほとんど尊敬の眼差しで見られるんですが、でも現実は厳しいよね。私の体調不良の原因には疲労も鬱もあるけど、そういう不安もかなりありそうな気がします。嶺

来週の月曜に双方の先生とケアマネさんや訪問看護師さんやらがカンファレンスのような場を設けてくださるようですし、その経緯で、それなりにプロの手を借りたいと思っております。少なくとも訪問看護をもう1回くらいは増やす必要がありそうですし…。

介護のテーマと内容とがだんだん重くなっていきます。いまからめげてる場合じゃないんだけどね。嶺




しかしながら、夕方の今ごろの時間になると、かなり体調もましになるというパターンがねえ…。本当に鬱の定型みたいでめげますけど…。輦 それだけ朝が厳しい状態です。困るよねえ…。
2008/06/25

新しい素材

夜になって、いくらか体調がましになったので、
作りかけだった素材サイトの方の新作を更新しました。廬

今回の新作は自分のスタンプを作った原稿を応用した
「蓮文様」と「桔梗文様」それと「龍」ですね。

毎回カテゴリ分けに悩みますが、まあ適当に…(^^;)


実はまだ精神的にはかなり鬱状態なので、これ以上の
日記は書けません。申し訳ありません。輦

現実の厳しさに立ち向かうために勇気と気力を
蓄えたいと願っております。
2008/06/25

肩が重くて…

駄目だ…。疲労感の極地におります。怜

両肩に何人分かの背後霊が乗っているように重くて、座るのも苦痛で、すぐに横にならざるを得なかったり、寒気がするのに冷や汗が出たり、お腹をこわしてみたり…。これらが鬱の症状だとしても、寝れば治るものでもないですし…。蓮 あまりにしんどいと、それの影響でどんどんマイナー思考になるという…。きつい状況です。輦

昨日はそれで日記も書けませんでした。かかりつけの病院に受診した母は血糖値が高くてめげてますし、それもストレスが大きいのかもしれません。

で、昨日は病院の中の地域医療相談室に寄りまして、ちょっと相談してみたんですが、結局、長期療養型の病院は現在入院している病院よりもケアが不十分だということで、もしもそういうところに入院させたら、父は死んじゃうだろうな、と思いました。嶺

家で家族が看るよりも上の介護ってないんですよね。わかっているけど、全体の状況としては入院前よりも悪くなってますし、昨日など、お風呂というか、シャワーをしてもらっただけでも吐き気を訴えていましたし…。在宅介護がますます眼を離せない状態になるのは明らかです。

でも気持ちとは裏腹に、我々の心身の疲労がきついんですよね。蓮 こういう自分たちにさらに気を遣う介護が出来るかというと、あんまり自信が持てなかったり…。嶺 母も私ももっとバリバリに元気なら文句ないし、心配もないんですが、自分の身体自体を持て余している状態ではねえ…。

やりたくても出来ない悔しさも半端じゃないんですが、でも本当にしんどい…。これからマッサージ受けて、いくらかましになるといいんですが…。無理かも…。輦

やっぱりこういう時って、ふと厭世的になりますね。困ったものですね。今日は多分動けません。一日寝ているしかないかも…。輦
2008/06/23

このごろの読書

自分のクリニックの受診と、ちょこっと買い物と、さらに父の病院に行っただけで、すでに疲労困憊状態です。蓮 朝からずっーっと「横になりたい」と願いつつ、その余裕がないので、今夜は早寝するしかないかなあ、と思っております。嶺

「もともとエネルギーがない状態なんだし、出来なくて当たり前」とクリニックの先生には言われるし、自分でも納得しているつもりなんですが、時々、非常にもどかしく感じるんですよね。無理やりに優先順位をつけても、お絵描きと父のことが一番上にきますし、それ以外のことをやりたいと思っても全然身体がついてきてくれません。嶺 

このどうしようもないひどい倦怠感や疲労感、肩凝りの状況などが鬱の症状の典型でもあるんですが、それが改善していかないのって、やっぱりもどかしいですね。輦 精神的な病気だと言っても、表に出やすいのが身体症状です。いままでになく「疲れやすい」と感じている方など、ご用心くださいませ。鬱もこじらせると非常に厄介な病気ですので、早めに受診してくださいね。

「ストレスに対する耐性というか、そういうものは遺伝的な体質みたいなもんだし」とも言われます。うちの家族ってそうだよなあ。ストレスには過敏な方だし、決してのほほんとは通り過ぎることが出来ない性格もあるしね。まあ、仕様がないですけど。蓮

私たちのクリニックの先生は地元などでは有名な名医らしく、アメリカ帰りの父の担当のO谷先生もご存知でした。考えてみると、意外と近いものなんですよね。神経内科と精神科、あるいは心療内科などは。

「先生って翻訳なんかもされてるんですね」と母が話をふったところ、自分の翻訳本のコピーをいただいてしまいました。早速注文する律義な私。

 それがこちら。「アルツハイマー病が予防できる」です。

こういう研究はアメリカの方がやはり進んでいるらしく、かなり参考になりそうな気がします。現段階では個人的にも有益な本になりそうな予感が…。

母も読みたい、と言っていますが、おそらくラストに辿り着くまでに挫折するだろうな~、と想像したりして…(^^;)


 …………………………








続きを読む

2008/06/22

話し相手

 明日は明日で忙しいし、ということで、頑張ってイラストの仕上げと素材作りをしていましたら、日記もこの時間になりました。嶺 

が、めでたくギャラリーサイト更新です。廬

このごろ、10日おきくらいの更新になってますよね。でも「花うさぎ」もあるし、これで目一杯のペースかと思います。蓮 描いている間、自分が楽しくて幸せならばそれで充分だという…(^^;)

これで次はいよいよiPoserで遊べるかなあ、と考えております。これってPoserの機能制限版らしく、出来ないことも結構ありそうですが、デッサンのモデルくらいしか使わないから、これで充分だと思っております。正規版だとアニメとかも作れるらしいですが、さすがにそこまでは手を伸ばす余裕も気力もありませんしね~。嶺

 …………………………








続きを読む